寄せ書きを贈るとき、何を書く

これまでお世話になった職場の女性が退職するときは、感謝の気持ちとお祝いのメッセージを送る人が多いと思います。職務をまっとうして退職される方には「長い間ご苦労様でした!」という思いと感謝の気持ちを表す寄せ書きを、職場のみんなで書いて贈ることも多いですよね。

 

寄せ書き例文

同僚の女性に贈る言葉の場合

 

〇〇さん退職おめでとうございます。長年一緒にお仕事ができたことが楽しかったです。退職をしても時々ご飯に行きましょう。本当にお疲れ様でした!


などと少し砕けた感じのメッセージが良いでしょう。

 

職場の上司に贈る場合

 

〇〇さん長年のお勤めお疲れさまでした!入社したての右も左も分からない私たちのために、色々と教えてくださりありがとうございました。


など感謝の気持ちを伝えましょう。

 

また上司や先輩に対しては、少しきっちりとした文章で書いてしまうことがあると思いますが、その中でも柔らかい文章を取り入れると、相手もほっこりしてくれるのではないでしょうか?例えば「○○さんがこの職場からいなくなるのはとても寂しいです。たまには会社に顔を見せに遊びにいらしてくださいね。」など気遣いの言葉なども良いでしょう。

 

手紙やメッセージカードの場合、一般的に社会人として恥ずかしくない文章やマナーになりますが、寄せ書きの場合、決まり事など気にせず、少し砕けたくらいのメッセージで良いのです。あまり形式張った書き方をしても、相手に気持ちが伝わりにくいので、自分の思ったこと、感じたことをそのまま伝えてあげましょう。

女性の退職祝いに寄せ書き

女性は定年退職の以外にも、寿退社や出産などで退職する機会が男性よりも多く存在します。なので、女性の退職には一人ひとりの心がこもった「寄せ書き」を贈ってはどうでしょう?

 

「色紙にみんなで一言ずつメッセージを書いて渡す」のももちろん良いかもしれませんが、それではありきたりで少し寂しいですよね。そこで、「ちょっと工夫して、記念としてずっと残しておけるような形」で渡す
と、さらに喜ばれるはずです。

 

最近の寄せ書き

手書きはもちろん、最近では寄せ書きのサービスも充実しております。インテリアとしても飾っておけるような、楽しくておしゃれな寄せ書きを贈ることができるようにもなりました。

 

「写真」や「似顔絵」を寄せ書きの中心に入れたりもできます。こうしたサービスを利用すれば、みんなで色紙を回し書きする必要もありません。大人数でも寄せ書きができます。寄せ書きに参加したい人の数が多くても安心ですよ。

 

また、直筆の寄せ書きをフレームに彫刻してくれるサービスなども近頃では目にします。おしゃれで、お部屋のインテリアにもなる寄せ書きが作れるのでしょう。女性はおしゃれなものも大好きです。たくさんの人からの気持ちが伝わる寄せ書きがインテリアとしても飾れるなら一石二鳥。きっと喜んでくれるはずです。

 

退職される女性に寄せ書きを贈るなら、ただ色紙に書くだけではなく、少し趣向を凝らしてみるとより思い出に残る寄せ書きになりますよ。

寿退職、寄せ書きに書いた言葉

同僚が寿(結婚)退職する際に、寄せ書きに書いた言葉を集めました。

 

悔しいけどおめでとう

同僚が寿退職することになり、みんなで寄せ書きを書いて贈ることになりました。私は悩みに悩みましたが、結局書いた言葉は「悔しいけどおめでとう」でした。実は彼女が結婚する相手は私も憧れていた先輩で、どちらかと言うと私の方が彼女よりも積極的だったのに、相手は私ではなく彼女を選んだのです。

 

ですから、私は二人の交際を知った時裏切られたという気持ちになり、彼女とは距離置いたこともありました。しかし、彼女は入社した時からの苦労を共にしてきた一番仲の良い同僚。彼女がいなかったら私は、とっくに会社を辞めていたと思います。

 

今私は重要な仕事を任せてもらえるまでになりました。それも彼女の協力があったからこそ。だから彼女の寿退職も素直におめでとうと本当は言いたいのです。でもあえて寄せ書きにはこう書きました。もう彼女と一緒に仕事をすることもできなくなることが、残念なのです。

 

また一緒にランチでも行こう

私は火災保険関係の会社に勤めている25歳の女性です。私の同い年の同僚が今度寿退職することになったので、寄せ書きを贈ることにしました。

 

同じ年に入社して、ともに切磋琢磨し合った仲だったので、今回の寿退職には正直驚きを隠せません。寂しいなという思いもありますが、おめでたい理由での退職だったので、寄せ書きには同僚の今後を応援するメッセージを記入しました。

 

上司ではなく同僚に対してのメッセージだったので、「今までありがとう。退職してからも元気で頑張ってね。また一緒にランチでも行こう。」というように、堅苦しくならないよう少しくだけた感じにしてみました。自分ではありきたりなメッセージかなと思いましたが、同僚にはすごく喜んでもらえました。

 

顔写真を切り抜いて、それに吹き出し

同僚が結婚や寿退職をする時には、寄せ書きを用意します。もちろん、本人には内緒です。このような時には、社内で寄せ書きを行うのが風習になっているのです。当の本人は気付いているとは思いますが、あえて秘密で行います。

 

寿退職の人に対しては、「元気な赤ちゃんを産んでください」や「産まれたら見せに来てね」などのありきたりな言葉は、あえてみんなの言葉として真ん中に書きます。周りには、同僚たちの言葉を並べます。

 

事前に撮影した顔写真を切り抜いて、それに吹き出しを付け、その部分にあとで見返して笑顔になれるような、冗談混じりのコメントを各々で書きます。社内での出来事だけでなく、2人にしか分からない珍事件などをネタにして、書く側も楽しんで作ります。そして贈ると、とても喜んでもらえます。