お世話になった女性の定年退職祝いの贈り物の渡し方やタイミング

お世話になった女性が定年退職した場合、気になるのがお祝いの贈り物の渡し方やタイミングです。
どのようなタイミングで渡せばいいのでしょう。

 

お世話になった女性の定年退職祝いは、しっかりと感謝の意を伝えたいもの。
そこで大事になってくるのが贈り物の渡し方で、まずは明るい笑顔でしっかりと渡すことです。
相手もきっと緊張しているので、自分ができる最高の笑顔で渡しましょう。

 

また、贈り物を渡す時は笑顔だけでなく、労いの言葉を必ず添えるようにしましょう。
言葉を添えながら渡すのとそうでないのとでは大きな違いがあり、感謝の言葉を添えると気持ちがしっかり伝わるので相手は喜んでくれます。
特に言葉に凝る必要はありません。
「お世話になりました」「長い間お疲れさまでした」などのシンプルな言葉で十分です。

 

お祝いの贈り物を渡す場合

プレゼントには手紙を添えると良く、そこにこれまでの懐かしいエピソードやお世話になった話を書いておくと貰った相手が感動してくれます。

 

定年退職祝いの贈り物のタイミングは、退職する前の大体2週間くらい前がベストです。
退職前は色々と多忙になるので、辞める数日前を選ぶというのがポイントになります。
タイミングを逃して既に退職してしまった場合は、連絡をして渡したいものがある旨を伝え、相手の予定を考慮しながら速やかに渡しましょう。

 

お世話になった女性に定年退職祝いの贈り物をする時は、タイミングや渡し方が大切。
くれぐれも失礼にならないようにしましょう。